MT4チャートが使えるおすすめの国内証券会社2選

投資

 

こんにちわ

FXを始めたいけど、どこの証券口座を開いたらいいか分からない人に

実際に口座を開いて使いやすかったところを紹介します。

スポンサーリンク

FXを始めるならまずはどこに口座を開くか??

FXを始めようとされる方はまずぶち当たる問題だと思います。

自分もかなり悩みました・・・

インターネットで調べて実際にいくつもの証券口座を開きました。

ここではすべての証券会社を紹介するとかなり長くなってしますので割愛させていただきますが・・・

初めて口座開設して使った証券会社はGMOクリック証券です。

FX初心者から上級者、幅広く選ばれているDMMFXはこちらです

なぜGMOクリック証券にしたかというと国内証券で安心なのとネット上で口座開設1位だった事とスプレッドがドル円で0.3銭と業界最狭水準との事でした

実際に使ってみたはっちゅう君取引ツールは1クリックで注文可能なスピード注文で誰が見ても分かりやすいツールでした。

自分がロングしたい時に画面のASKボタンをクリックするとロングポジションが持ててBIDボタンをクリックすればショートポジションが持てました。

損益もすぐ分かりますしアプリも使いやすかったです。

f:id:buta215:20180915203046j:image

その次に楽天FXで口座を開いて少しの間使っていました。

こちらも国内証券でスプレッドは0.3銭で同じでしたがスキャルピングをする際に結構な確率で約定拒否がありました。

スキャルピングはスピードが命なので約定拒否をされると瞬殺で含み損になります。

スキャルピングじゃない時でもたまに約定拒否があったため使用するのをやめました。

それさえなければ楽天FXを使っていましたね。

関係ないですが自分は楽天カードも持ってますし楽天証券で株の取り引きをしているので楽天FXが使えたらきっとポイントも結構溜まっていたのに・・・・

海外のトレーダーはMT4を使っている

FXについて色々調べていると海外のトレーダーはMT4チャートを使っていることが分かり海外トレーダーと同じチャートを使いたいと思いどこの証券会社で使用できるのかすぐに調べました!

マーケットを動かしているのは海外勢なので真似したほうが勝てる気がしてました!(笑)

 

国内でMT4を使える証券会社で実際に使ってみてよかったところはOANDA Japanです。

 

スプレッドはドル円で0.4銭、取引通貨ペア71種類で僕が使っていた時はスキャルピングもそれ以外でも約定拒否はなくすぐにポジションは持てました。

 

便利だったのはオアンダオープンオーダー・オープンポジションが使用出来たとこですかね。

 

オープンオーダー・オープンポジションとは、OANDA Japanが無料で公開している顧客の未執行注文や未決済ポジションのことです。これにより、他の人が保有中ポジションや、集中している価格帯、ポジションの比率を知ることが出来ます。

相場転換の節目となる価格帯には注文が溜まっていることが多く、相場動向を読み取る上で参考になりました。

f:id:buta215:20180915203111j:image

あえてデメリットを言うと初回入金額が10万円からなのとスワップポイントが低いところではないでしょうか?

スワップポイントが分からないという方に簡単に説明します

スワップポイントとは外貨預金でいう利息のようなものになります

FXは低金利の通貨を売り高金利の通貨を買うと金利差にあたるスワップポイントを受け取ることが出来ます

FXをやられる方はスイングトレードまたはデイトレードされる方が殆どだと思いますので気にならないデメリットではないでしょうか?

株の長期投資ならいいですが通貨の長期投資で稼いでる人は聞いたことないですね

その他にも証券口座は開きましたが最終的におすすめ出来る証券口座はOANDA Japanが一番です。

FXにはMT4、約定力は必須です

長くやっていこうと考えている方でしたら口座を開設して損はありませんよ!!

 

▶人気記事FXで5万円を短期間で100万円にしたやり方を公開

コメント