FXで勝ててない人限定! 勝率を上げる方法はこれだ 

投資

 

FXで勝てる割合は1割程度と言われているほど厳しい世界。

でも1割の人間は勝てているので、やり方さえ習得してしまえば為替市場をATM化する事も可能になります。

なぜ1割の人しか勝てていないのかと言うと、途中で諦める人が多いのと書籍通りにチャート上にインジケータを沢山表示しているから騙しや迷いが生じて勝てなくなるんです。

 

稼げなくて悩んでいた方は、以下の方法を参考にして一度試してみて下さい。

スポンサーリンク

FXで勝ててない人はチャートをシンプルに

今、この記事を読んでいるあなたは勉強熱心な方だと思いますが、その行動が逆に勝てない理由を作ってしまっています。

 

勉強熱心な方は、書籍やYouTubeなどで勉強をしてその通りにやってしまいがちになりますが、それでは

勝つことは出来ません。

FXはチャート分析が重要になってきますが、どの書籍、動画でもチャート上にボリンジャーバンドやMACD、一目均衡、RSIなどをグチャグチャに表示させてるのを見ますが、あれでは勝てません。

 

実際に自分もFXを始めたばかりの頃は、チャート上にインジケーターを色々表示させてトレードをしてましたが結果は惨敗。

チャート上に何個もインジケーターを表示していると、どれに従えばいいのか分からなくなり

ポジションを持つことが出来ませんでした。

その為、1つのインジケーターに絞ってしばらくトレードをしていましたが、勝ったり負けたりの

繰り返しで勝率を計算してみたところ50%を切っており、スプレッドを入れると完全に負けトレードになっていました。

 

この方法では稼ぐことが出来なく、破産するのも時間の問題と考え他の手法を模索していました。

 

そんな時に、本当に稼いでるプロのトレーダーに会う機会があり、手法は教えてもらえませんでしたが、ヒントとしてチャート上にはローソク足以外は何も表示をするなとアドバイスを受けました。

 

今まで書籍でしか知識を得ることができず、インジケーターは必須のアイテムだと思いこんでいたので

聞いたときは衝撃を受けました。

 

 

理由を聞いてみると、全てのインジケーターはローソク足から出来てるからローソク足を攻略すればインジケーターは必要なくなり勝てるようになるとの事でした。

FXで重要となるチャートはどこを使えばいいいのか

FXをする上で一番重要となるチャートはどこのものを使えばいいかと言いますと、MT4を使用することをオススメします。

 

MT4とはMetaTrader4【メタトレーダー4】の略になり、様々なテクニカル指標が無料で使える

高機能なプラットホームになります。

 

稼いでる専業トレーダーや海外のトレーダーの方は、ほぼ間違いなく使っているので、まだMT4を使っていない人は、今すぐにMT4が使える証券会社を無料開設しましょう。

 

オススメするMT4が使える証券会社

●追証無し、ゼロカットシステム採用でMT4が使えるXMで無料口座開設

●国内証券会社でMT4が使えるOANDA Japanで無料口座開設

 

チャートにはラインを引くだけで勝率が上がる

専業のトレーダーの方に言われた通り、チャートにはローソク足だけを表示させて水平線ラインとトレンドラインのみを追加してトレードをしてみたところ、騙しや迷いが無くなり勝利が上がるようになりました。

インジケータを使ってトレードをしていた時はポジポジ病となって無駄な取引きをして損を出したり、利確場所や損切り場所を明確に決めておらず根拠のないトレードばかりをしていました。

 

しかし、水平線ラインやトレンドラインを引いてトレードをしてからは、無駄な取引は劇的に減り待つトレードが出来るようになりましたし、利確場所や損切り場所も明確に決められるようになりました。

現在、チャート上にインジケータを表示されている人は一回全部外してみてはいかがでしょうか。

今まで気づかなかった事が気づけるようになるかもしれません。

 

今回の内容は本当はあまり教えたくない内容でしたが、自分も全然勝てずに悩んでいた時期があったため、少しでも誰かの役に立ちたいと思い記事を書かせていただきました。

どうか参考にしてみてください。

コメント