【決算書】の見方 株初心者でも分かりやすく解説

投資

 

こんにちわ~

今回は株式投資で必須のファンダメンタルの部分で決算書の見方を

簡単に説明していこうと思います。

巷には小難しく書いてある本が沢山売られており手に取ってみたものの

購入までは至らないケースがほとんどかと思います。

実際に小難しい本を何冊か購入してみましたがどれも最後まで読まず

理解も出来ないままでした。

でも株式投資をするにはある程度、決算書を読めないといけません。

スポンサーリンク

まず決算書ってなに???

気になる企業の内情を数字で表したものです。

今年一年間でどれくらい利益が出たのか、損失を出したのか

またはどれ位の売り上げあり現金をはじめとする資産をどれだけ保有しているのか

借金をどれくらい抱えているのか、ここ数年間どれだけ成長してきたのかを

数字で表すものです。

主な決算書は貸借対象表『B・S』、損益計算書『p/L』、キャッシュフロー計算書

の3つになります。

貸借対照表とは企業の体力を見ることが出来ます。

どのくらいの負債を抱えているのかを示したうえで資産から負債を差し引いた純資産が

どのくらいあるのかを知ることができます。

左側にどのくらいの資産を持っているのかを示しており右側にはどのくらいの負債を

抱えているか、また資産から負債を引いた純資産はいくらあるのかが見れます。

もう一つ貸借対照表はどのように資金を調達してきたか?そしてその資金をどのように

運用してきたかも分かります。

損益計算書とは企業の経営成績を見るものです。一年間でどれくらい利益を出したのかまたは、損失を出したのかが分かります。

具体的には売上高などの収益をどのくらい獲得することが出来たのか、

それに対して仕入代金や人件費、家賃や光熱費などがいくらかかったのか

を見ることが出来ます。

キャッシュフロー計算書とは現金の流れを数値したものです。

上場企業にしか義務付けされていません。

キャッシュフロー計算書には営業活動によるキャッシュフロー、投資活動による

キャッシュフロー、財務活動によるキャッシュフローがあります。

営業活動によるキャッシュフローは本業で稼いだお金で純利益を見るより企業が

きっちり利益を出しているか表し黒字倒産のリスク見極めに役立ちます。

営業活動によるキャッシュフローがマイナスの会社は注意しましょう。

投資活動によるキャッシュフローは何にお金を使っているか分かる指標です。

設備投資や研究開発費など未来に投資している会社でしたらマイナスになっているはずです。営業活動によるキャッシュフローとは違ってこちらはマイナスのほうが将来

成長する可能性があります。

財務活動によるキャッシュフローは借りたお金や貸しているお金を見ます。

銀行借り入れや株式、債券の発行、配当金などのお金の流れが分かります。

銀行から借りたお金を返済したり株主に配当金を支払えばマイナスになります。

借入金を返済し配当金を支払える余裕があるということでこちらもマイナスで

問題ありません。

勿論、最終判断は営業キャッシュフロー、投資キャッシュフロー、財務キャッシュフローの中身をみてからの判断になりますが。

 

関連記事▶簡単に稼げると思いFXに手を出した結果

 

スポンサーリンク

まとめ

だいたいの見方は分かって頂けたでしょうか?株式投資をする場合最低限

決算書を読めなければいけないですし意味も分からないといけません

今まで何冊か決算書の本を買いましたが全然理解出来ませんでした。

しかし下記の本に出合って今まで難しすぎて最後まで読めなかった自分が

最後まで読めて理解まで出来ました。

かなり分かりやすい本なので今まで断念した方には自信をもってオススメ出来ます。

初めから難しい本を読むとやる気が無くなってしまいますのでまずはこちらの本で

勉強してみて基本が分かってから難しい本に挑戦してみてはいかがでしょうか?

コメント