貯金無しの彼との結婚は諦めるべきなのか

 

現在、お付き合いしている彼氏と結婚をしたいけど現状貯金が無い状態で、将来の事を考えると不安になり結婚をためらっている人もいるかと思います。

 

そんな、悩んでいるあなたに貯金がなくても結婚は出来ると、背中を押したいと思い記事を書きました。

少しでも参考にしてくれたら嬉しく思います。

スポンサーリンク

貯金がなくても結婚は出来る

貯金がなくて不安なのは分かりますが、貯金が無くても結婚は出来ます。

むしろ20代や30代の会社勤めの方でまとまった貯金を持っている人を探す方が難しいと思います。そんな事を気にしていたら婚期を逃すことになってしまいすよ。

 

結婚をしたいと思える相手になかなか出会えるものじゃないのに、お金が原因で結婚をしない判断をして別れる事になってしまったら勿体ないですし後から後悔するのは目に見えています。

 

マイナスに考えるのではなく、結婚後にどうやって生活をしていくかを2人で話し合って、前向きな話が出来ると、そんな不安も無くなり将来に対して希望が出てくるはずです。

お金が無くても上手くやりくりしていく方法を紹介していきますので活用してみてください。

 

お得に家を借りる方法

結婚をする事になるとまずは2人で住む家を探す事から始まりますが、新しく家を借りる場合、敷金礼金などを合わせると住む家賃にもよりますが、最初に約20万円くらいの初期費用が必要になってきます。

 

初期費用を安く抑えるためには、家賃の値下げ交渉をすると共に閑散期の4月から6月にかけてお部屋探しをすることをオススメします。

 

あと、あまり知られていませんが家を借りる際にキャッシュバックをしてくれるサイトがあるのでそちらから家を探して契約するとさらにお得に借りることが出来ます。

 

公式サイト▼

キャッシュバック賃貸~祝い金がもらえる賃貸情報サイト~

 

賃貸契約をする際に仲介業者から家財保険を契約させられると思いますが、こちらは断って頂いても構いません。

仲介業者から勧められる家財保険は年間で1万円から2万円程掛かってくる契約になり、業者の手数料も上乗せされて高くなっています。

自分も知らなかったときは年間で12000円程、支払っていましたが、自分でインターネットから契約して年間4000円まで下げることが出来ました。

 

 

 

お金が無くても結婚式は出来る

結婚式と言えば平均300万円位が必要と言われていますが、身内のみで小さく結婚式をしようと思えば

10万円以内でする事が可能です。

 

お互いの家族を呼ぶことが出来れば祝儀で結婚式費用を実質タダで上げることが出来ますし、事情があって

家族が呼べず、2人だけで式を挙げるにしても10万円でしたらなんとか貯めれる金額ですよね。

 

 

周りの経験談を聞くと、やはり最低でも結婚式には数百万円が必要になり祝儀でプラスになると思っていざ終わって計算してみると若干のマイナスが出たという話をよく聞きます。

 

昔からの常識で結婚式はお金がかかると思われていますが、今は時代が変わり情報を知っている人はお特に結婚式が出来るようになりました。これで浮いたお金で新婚旅行にもいけますね。

貯金が無くても知識を付ければ何とでもなる

貯金が無いのは不安ですが結婚して二人で協力をしながらお金について学べば巻き返しは十分に可能です。旦那さんの給料でなるべく生活をするようにして奥さんの給料は貯金に回すようにしてください。ただ貯めるだけでは貯まる金額も少ないですし、スピードも遅いので最低でも30万円を貯めて株式投資に挑戦してみてください。

複利のパワーで長期的に見れば数千万の資産を持つことは十分に可能性があります。

それと並行してブログアフィリエイトにも挑戦してみるといいですね。

アフィリエイトは収益化するまで時間は掛かりますが、低リスク高リターンが期待できます。

現在、成功している方も始めたときは低資金でビジネスを開始している人がほとんどですので、お金がないから起業できないという言い訳は辞めてくださいね。

お金についての知識を付ければ挽回は可能ですので夫婦で一緒に同じ目標を持てれば

貯金が無い時でも前向きに楽しく過ごせるのではないでしょうか。

コメント